プロフィール

すぎちゃん

Author:すぎちゃん
性別…♂
年齢…イケてるおっさん
生息地…基本北浦和、連休中は間違いなく式根島
座右の銘…安全かつハイレベル、ローリスクハイリターン、他力本願、先酒後麺
釣り歴…2歳かららしい
式根島歴…7歳からだったかな
目標…いい加減式根の磯で尾長60センチ、あ、あと○ね…(笑)

式根島、海、釣り、菊水旅館と愉快な面々、そして浦島丸と飲兵衛船長が大好きなのだ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年、あけまして式根島~

ありえないことですが更新ですw

12月30日夜、竹芝からいつものようにさるびあ丸で島へ~。
常連さんのカズヤ君とイサオも一緒。
桟橋や船内でお会いしたことある方々なんかと釣り談義~。

初日、午後からのニッチョ(上げ潮)狙いでボンボンへ。
なかなか潮がこなーい…。
15分間だけまともに流れ、思い通りに釣れましたが、それ以外の時間は拾い釣り。

二日目はモーヤへ。
各船お客さん沢山で無線でやりとりして磯決めました。
朝一、ニッチョの残りが流れてたんでカズヤ君とイサオ君にバタバタアタリがありましたが、自分は違う仕掛けでやってみてスカりました…。
数時間お弁当食べたり、昼寝したり、細い糸でササヨと遊んだり、カモメ釣ったりして過ごし…
帰りの一時間前からようやく潮が流れたんでバタバタと釣りましたが…小さい~(。・・。)

三日目、今日も風吹いてるから限定だな~、海晃丸も富久丸もお客さん多いだろ~な~、と想像して作戦練りました。他宿のお客さんをサイマに下ろして自分達と○○さん(韓国の方でしょっちゅう来てくれる熱心なお客さん)でヒラトコでも行くか…と。
無線で駆け引き開始ですが、富久丸は新島方向へ走る…。海晃丸は…あれ?出てこないな?
おじちゃんが海晃丸を呼びます。
「海晃丸海晃丸」
そこで富久丸の船頭さんから
「海晃丸は出ないそうです」

ハタカ貰い~っ!
朝一はやはりニッチョが残り一投一匹!けど小さい~(。・・。)
で…
お弁当食べたり、昼寝したり…
あがり一時間前からうっすらニッチョが効き始めポツリポツリと釣れました。

爆釣とはいきませんでしたがいつもの仲間といつものようにのんびり楽しめました!
40センチ超えるのは数枚、しかも40ちょいまでと寂しい感じでした。
普段潮が速くクチブトの食わないところで大きなクチブトが釣れたり…やはり変だったな…。
○○さんもデカクチブトあげてたし、カップル釣り師さんもデカクチブトあげてたし…
う~ん、やはり潮が変なんたろな。

竿が出せることが幸せと思えばそれで良し!

楽しかったで~す。

三月にまた来たいな…。誰も乗らない磯の試し釣りもしなきゃだし。
スポンサーサイト

GWおまけ

式根から戻った翌日、高校の同窓会がありました。
26年経って初めてです。

ここで気付いた!共学行って良かったと。
44から45のおじさんおばさんになっても楽しいもんですね。
26年前の恥ずかしい写真が名札に利用されてましたw

あ、個人情報だだ漏れw

みんな同窓会ロスだとか。特に女子は。

次回四年後によろしくね~。

2016年GWの式根島~

おっと、そこの当ブログファンのあなた、まだ閉鎖しちゃいないんだぜ!

5月2日夜、Yさん夫妻と飲みながら本船へ乗り込む。
5月3日到着~。氷結でも飲みましょう!


りょうへいファミリーと。
3日は釣りしてません。あ、渡船の弁当届けついでに鯛ラバやってみました。


釣れませんでした。

5月4日は大シケ、帰るお客さんは船欠航で足止めです。
桟橋でちょこっと釣り。

簡単に釣れたから期待するも続きませんでした。
イルカ沢山いたからかな。
ちなみに竿折った(。・・。)

5月5日子供の日、天海(式中2年)磯デビュー!



動画撮ったんだけど残念ながら貼れませんでした。
45センチの丸々した尾長釣りました。

また行こう。

で7日に帰りました~。


ちゃんちゃん

八丈島、アウェイの戦い

菊水のお客様、AさんTさんSさんとアウェイの地、八丈島へ乗り込み戦いを挑むことになったのは昨年の秋。
アウェイ戦の為の準備を各自進めていたのである…。


アウェイ初戦

八丈に着くと、たろうに紹介してもらった宿、パパズインのパパさんが迎えに来てくれていた。
「よろしくお願いしま~す」
その瞬間、アウェイの雰囲気がなくなってしまった…。
有名な人なのに超いいおじさん。
僕が「この人いいな!」と思う釣り名人には共通して言えることがある。「釣り超大好きな普通の(ちょっと子供っぽい)おじさん」なのだ。
池ちゃんとこ(バスメイト)の社長○んぞうさんにも似ている部分があって、釣りの話をする時に目が輝いてしまってるんだよね~…。
いや、ここがアウェイであることを忘れてはならない!
早速八丈島サポーターからのブーイングがきた!水試勤務のこまちゃんだ!
こまちゃん…「あ、来たの。釣れないよ!」
俺…「…」
こまちゃん…「黒潮直撃し始めた。」
やっぱりアウェイだ(。・ω・。)
とりあえずパパさんがヨノモウって磯に案内してくれた。

海青っ!
さすが八丈、いきなり自己記録更新しそうになりました。
オキナメジナ…。
タモですくうか迷ってたら外れたw
Tさんが40ちょっとの尾長を釣った…以外は…俺はダツ!Aさんはつばめうお!Sさんは爬虫類!と、なかなか八丈らしい釣果でしたとさ(。・ω・。)

夜、役場そばの中華屋さんへ行った。
水試勤務(サボってばかりだが)のこまちゃんおすすめのお店。
まじうまかった!名前忘れたけど皆さんにもおすすめします!


アウェイ二戦目

朝から八丈小島の横瀬へ。

絶景なり絶景なり!
今日は八丈らしい熱帯魚釣ろっと。
…簡単に釣れた…

あとナメモンガラも釣れたよ…。
Aさんが竿を根元から曲げている。全く止まらない。
Aさん…「サメかカメ」
冷めてるなぁ、もうw
けっしてヒラマサとか言わないとこが島慣れしとります、はい。あ
実際、3メートル位のサメを連発してましたwww
八丈のサメはササヨにも食いつくんだねぇ………。
Tさんがまた40くらいの尾長釣ってた。


アウェイ三戦目

朝から石積という磯へ。

1、「カンムリワシ」…東南アジアから八重山諸島に生息するカッコいい鷲。 
2、「カンムリワシ」…日本ボクシング界のスーパースター、具志堅用高さんの異名。世界挑戦一戦目、ファン ホセ グスマン戦でのKO勝利後、「わし、カンムリワシになりたい」と答え、それ以降「カンムリワシ」の異名がついた。はっきり言って具志堅超カッコいい!
3、カ…?カンムリ…?ん~…ん~…


カンムリベラっ!
顔はひょっとこ、ブラジル代表ロナウジーニョに似ていることから「ロナ」「ロナさん」と呼ばれることも。前歯が二本飛び出していてもう笑いが止まらない…。
写真撮ってリリースするときに、その前歯二本折れちゃってた…。歯医者でも行って治してきてね…。


パパズのパパさんママさん、いろいろありがとうございました(・_・)(._.)
また必ずチャレンジします!
カンムリベラに!

2016年、あけまして式根島

当ブログは閉鎖しました…

うそぴょん。

下のほうにガイドあり。

12月30日の本船に乗り込み行ってきました~。
さる(さるびあ丸)のレストランへ直行、弟子イサオと一杯やる。



やりすぎた…

式根に着くと浦島のおじちゃんが
「ガラガラだぞ~」
とマイクで言ってきた。
渡船決定~。


条件は~、水温低下気味の明るい潮。
あまり良くないけど安定はしてるので潮効きゃ釣れるかな~って感じ。


イサオのリクエストでタイブサ東に。
ここは満潮前後から下げ始めにかけて釣りやすい潮が流れる場所。ちょうどいい。
さらに!
さらにさらに!
腰をかけながら釣りできる一級磯w
とりあえず下げ始めに40ちょいを釣り、おっ!っと思わせるも…
池になっちゃいました…
これは!
「食わせても秒殺釣法」だっ!
ハリスを2.5号に落とし待つと食いました!
「ぷつん」
さすが食わせても秒殺釣法!40位の尾長でも切れます!
その後も数回かけましたが秒殺されましたwww
よい子の皆さんは真似しないでね!


翌日も浦島丸ででかけます。
富久丸は早島方面へ走ってる。なかなか海晃は出てこないにゃ。
フライング気味にハタカへ乗る。
韓国からのお客さんCさんを三宅向かいへ、イサオは座りたいからとシルバーシート、自分は新島向かいへ。
ハタカの新島向かいは自分の表札かけたいくらい解りきってる場所。
ただし、足場が高くおっかない。つまづいたり風でよろめいたりしたらヤバい。
よい子のみんなは座りこむように磯側に体重かけながら竿をだすようにしてね。取り込みはチャカ着け場まで10メートルくらい歩いてタモ入れしなきゃです。

あらら、新島向かいでは鉄板の潮が効いてるじゃん。
パタパタイサキと45位の尾長を二枚釣り空振り無しの12連チャン、そして潮が一番強くなった今日一番の13投目にドラマが起きた!
100メートルほど先でアタった。
首を振らない踏ん張る系の引き!
「まさかねぇ」
一人つぶやく…
「いや、ほんとかも」
釣り上げた後に手足を震わせる準備を万全にする…
どう考えても4キロ位ありそう…
首は全く振らない…マダイ否定。
首ふらないし流れの中の沖で食う…少しだけササヨ否定。
踏ん張り系の引き…かなり本命肯定。
左の根にズリズリされながらもようやくウキが見えた!
妄想する…「イサオに見せびらかして、八丈にいるタロウにメールで自慢して…」
見えたっ!

怒りで手足が震えたよ…

「切れろ~っ!」

切れなかった…

なかったことにする。

イサオとCさんを磯替してから昼にがり、おじちゃんと氷結で一杯やる。

夕方、下田船で来たカズヤ君とカメンコ行ってデブ口太釣って終了~。


三日目は西が強く、自分はのんびりすることにして、イサオとCさんをサイマ、カズヤ君と○久丸乗り遅れてあぜりあで来たお客さんをモウヤに乗せて戻る。
カズヤ君が40~45位の三枚釣ってきた!上出来上出来。
自分はゆっくりと「サラシあるかなぁ」とカメンコ行き、三投して帰って氷結。
弁当届けて桟橋へ。南東ウネリに西の潮がぶつかり合い、桟橋先端に波があがり、十投して逃げ帰り二回目の氷結タイム。
渡船の迎えを手伝って夕方、もっかい桟橋行ってなんとか45センチ位の釣って終了~。


最終日はみんなで桟橋へ。
カズヤ君が45センチ位、イサオがうまそうなデブ口太釣って、僕はボーズ。


飲んで騒いで釣って楽しいお正月でした。


本年も菊水旅館と浦島丸、当ブログをよろしくお願いします(・_・)(._.)


ちなみに14日から八丈行ってきます~。




種明かし。
ハタカの新島向かい。一日に何回か食うタイミングがあります。
写真先に見えるモウヤに向かって強く流れる瞬間、たまにくる大きなウネリでサラシが長く伸びた瞬間、あとはヘチをネチネチしながら潮筋にちょっとした変化を探し投入。
式根の尾長釣りは潮のタイミングです、はい。そのタイミングでしっかりと流すことですね、太仕掛けで。
ちなみに一番下の写真はチャカ着け場(タモ入れ場)。ここから流してもいいけど、潮が地に突っ込むと流せません。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。