プロフィール

すぎちゃん

Author:すぎちゃん
性別…♂
年齢…イケてるおっさん
生息地…基本北浦和、連休中は間違いなく式根島
座右の銘…安全かつハイレベル、ローリスクハイリターン、他力本願、先酒後麺
釣り歴…2歳かららしい
式根島歴…7歳からだったかな
目標…いい加減式根の磯で尾長60センチ、あ、あと○ね…(笑)

式根島、海、釣り、菊水旅館と愉快な面々、そして浦島丸と飲兵衛船長が大好きなのだ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年、あけまして式根島

当ブログは閉鎖しました…

うそぴょん。

下のほうにガイドあり。

12月30日の本船に乗り込み行ってきました~。
さる(さるびあ丸)のレストランへ直行、弟子イサオと一杯やる。



やりすぎた…

式根に着くと浦島のおじちゃんが
「ガラガラだぞ~」
とマイクで言ってきた。
渡船決定~。


条件は~、水温低下気味の明るい潮。
あまり良くないけど安定はしてるので潮効きゃ釣れるかな~って感じ。


イサオのリクエストでタイブサ東に。
ここは満潮前後から下げ始めにかけて釣りやすい潮が流れる場所。ちょうどいい。
さらに!
さらにさらに!
腰をかけながら釣りできる一級磯w
とりあえず下げ始めに40ちょいを釣り、おっ!っと思わせるも…
池になっちゃいました…
これは!
「食わせても秒殺釣法」だっ!
ハリスを2.5号に落とし待つと食いました!
「ぷつん」
さすが食わせても秒殺釣法!40位の尾長でも切れます!
その後も数回かけましたが秒殺されましたwww
よい子の皆さんは真似しないでね!


翌日も浦島丸ででかけます。
富久丸は早島方面へ走ってる。なかなか海晃は出てこないにゃ。
フライング気味にハタカへ乗る。
韓国からのお客さんCさんを三宅向かいへ、イサオは座りたいからとシルバーシート、自分は新島向かいへ。
ハタカの新島向かいは自分の表札かけたいくらい解りきってる場所。
ただし、足場が高くおっかない。つまづいたり風でよろめいたりしたらヤバい。
よい子のみんなは座りこむように磯側に体重かけながら竿をだすようにしてね。取り込みはチャカ着け場まで10メートルくらい歩いてタモ入れしなきゃです。

あらら、新島向かいでは鉄板の潮が効いてるじゃん。
パタパタイサキと45位の尾長を二枚釣り空振り無しの12連チャン、そして潮が一番強くなった今日一番の13投目にドラマが起きた!
100メートルほど先でアタった。
首を振らない踏ん張る系の引き!
「まさかねぇ」
一人つぶやく…
「いや、ほんとかも」
釣り上げた後に手足を震わせる準備を万全にする…
どう考えても4キロ位ありそう…
首は全く振らない…マダイ否定。
首ふらないし流れの中の沖で食う…少しだけササヨ否定。
踏ん張り系の引き…かなり本命肯定。
左の根にズリズリされながらもようやくウキが見えた!
妄想する…「イサオに見せびらかして、八丈にいるタロウにメールで自慢して…」
見えたっ!

怒りで手足が震えたよ…

「切れろ~っ!」

切れなかった…

なかったことにする。

イサオとCさんを磯替してから昼にがり、おじちゃんと氷結で一杯やる。

夕方、下田船で来たカズヤ君とカメンコ行ってデブ口太釣って終了~。


三日目は西が強く、自分はのんびりすることにして、イサオとCさんをサイマ、カズヤ君と○久丸乗り遅れてあぜりあで来たお客さんをモウヤに乗せて戻る。
カズヤ君が40~45位の三枚釣ってきた!上出来上出来。
自分はゆっくりと「サラシあるかなぁ」とカメンコ行き、三投して帰って氷結。
弁当届けて桟橋へ。南東ウネリに西の潮がぶつかり合い、桟橋先端に波があがり、十投して逃げ帰り二回目の氷結タイム。
渡船の迎えを手伝って夕方、もっかい桟橋行ってなんとか45センチ位の釣って終了~。


最終日はみんなで桟橋へ。
カズヤ君が45センチ位、イサオがうまそうなデブ口太釣って、僕はボーズ。


飲んで騒いで釣って楽しいお正月でした。


本年も菊水旅館と浦島丸、当ブログをよろしくお願いします(・_・)(._.)


ちなみに14日から八丈行ってきます~。




種明かし。
ハタカの新島向かい。一日に何回か食うタイミングがあります。
写真先に見えるモウヤに向かって強く流れる瞬間、たまにくる大きなウネリでサラシが長く伸びた瞬間、あとはヘチをネチネチしながら潮筋にちょっとした変化を探し投入。
式根の尾長釣りは潮のタイミングです、はい。そのタイミングでしっかりと流すことですね、太仕掛けで。
ちなみに一番下の写真はチャカ着け場(タモ入れ場)。ここから流してもいいけど、潮が地に突っ込むと流せません。
スポンサーサイト

<< 八丈島、アウェイの戦い | ホーム | 埼玉県立浦和西高校文芸部釣り大会開催 >>


コメント

さすが呑んだくれ会!八丈島のレポートは、魚の写真ものせて下さい。

y尋のだんな

今年もよろしくっす(・_・)(._.)
アウェイ戦は難しいっす…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。