プロフィール

すぎちゃん

Author:すぎちゃん
性別…♂
年齢…イケてるおっさん
生息地…基本北浦和、連休中は間違いなく式根島
座右の銘…安全かつハイレベル、ローリスクハイリターン、他力本願、先酒後麺
釣り歴…2歳かららしい
式根島歴…7歳からだったかな
目標…いい加減式根の磯で尾長60センチ、あ、あと○ね…(笑)

式根島、海、釣り、菊水旅館と愉快な面々、そして浦島丸と飲兵衛船長が大好きなのだ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

式根島の磯案内(南側編)

さてさて、式根島の南側にも沢山沖磯があります。
なかには最近全然乗ってないような磯もあり、僕も気になったりしてます。

モウヤ根…モウヤ根には東側と西側、ハナレになるサエモンの三カ所の釣り座があり、それぞれにチャカ着けします。この辺りは上げ潮が真っ先に当たる場所で潮が良く効きます。
東側は足場も平らでチャカ着け場も裏側、比較的優しい一級磯です。潮が東にガンガン流れたらしっかり流しましょう。足元のサラシの下にはタナのような根が張り出してます。やはり狙い目です。潮が当てて西に向かってしまうとやりづらいけど、足元の払い出しをしっかり釣ってみてください。三人できます。

東側の先端。満潮時は波あがる。
サエモンは超A級磯。ただし足場が狭く波にも弱いので磯に慣れていない方や荷物の多い方はご遠慮ください。昼寝や休憩できないので好きじゃないです。一人か二人でいっぱい。
西側はすいません、やったことないっす。ただ、海晃丸さんがよく乗せていて、船長も「一度乗ってみろよ」とすすめてくるので良い釣り場は間違いないでしょう。

ハタカ根…言ってみれば式根の釣りの表玄関にあたります。

島も大きく潮当たりは最高、足場が高めなのがネックですが、ここが空いているなら超オススメします。収容人員も多いので仲間内だけで占領しちゃってもください。
新島向かいと表の船着け、三宅向かい、裏の船着けとシルバーシート、神津向かい、全部に別れれば十数人竿を出せます。
ただし、神津向かいへ歩くには危険を伴いますので行きたい人は直接船を着けてもらいましょう。
新島向かいは足場が高いです。潮が当てる時間が長いですが、ここの磯際は最高です。沖に払い出す瞬間やモウヤに向かってガンガン流れるタイミングが必ずあります。間違いなく釣れちゃうので見極めてください。表の船着けも同じです。合わせて二人が理想的。
そこから西に三宅島に向いた釣り座が続きます。足元から沖の潮目へ向かう引かれ潮をしつこく攻めてみてください。足場高いです。三人、四人並んでできます。
さらに西側に三宅島を真っ正面に見る釣り座があります。常にサラシが出てコマセの効く一級場所。足元にコマセを入れて左沖に向かう潮目に仕掛けを投入するのが面白いかと。上げ潮が効くと右に仕掛けを流すんですが限界があります。けど釣れます。うねりがあると波が上がるので気をつけてください。二人。
神津向かいは式根島でも五本の指に入る場所(上げ潮時は特に)。歩いて行くには高い所をへつらなければならないので危険です。

この先をへつります。直接船着けしてもらいましょう。うねりに弱く、さらに潮が強く効くのでチャカ着けが難しいです。船長とよく相談してください。
裏の船着けとシルバーシートは足場も良く、のんびり竿を出せます。が、足元で良い魚が釣れますし、東に流れたら最高です(短時間なので見逃さないように)。

キクガ長根…潮当たりも良く一級場所です。足元に常にサラシがありコマセが効きます。ウネリが這い上がる時があるので気をつけてください。ハタカ根に向かう潮が来たらアタリがあるまで流しましょう。足元にはササヨが多く、暇つぶしに竿を曲げるのも楽しいかな。二人~三人。

大崎ハナレ…潮が効きウネリも出るあまり乗れない磯。足場にはノリが着き滑ります。潮が複雑で一定に定まらないのがこの磯。根も複雑です。ですが魚は多いと思います(二回しか行ったことないしあまり釣ったことない)。三人

オキバノ根…浦島丸得意の磯です(笑)。チャカ着けはまっ平らで簡単、ウネリの無いときは安全安心の磯になります。釣れなさそうですが何故か釣れます。沖を流れているであろう潮に向かってるのか、常に沖向きにゆったりと流れてますからコマセも効くんでしょう。イサキに取り囲まれたら最後、あきらめて釣りきりましょう(笑)。マダイを釣ってきたお客さんもいました。たいていデカいクチブトがでます。右側の浅場でも釣れます。離島ムードはイマイチ感じないけど、クーラーに入りきらない釣果はかなりあります。なんでだろう?(笑)二人

茶碗根…メインは二カ所。西向きに出たところです。サラシがあればかなり期待できます。僕は釣ったことないけどマダイが多いみたいですね。大きな湾の東の入り口にあり、速い潮ではありませんが常に潮が効いてます。どの釣り場にも言えることですが、むやみにハリスを細くしないようにしましょう。三人

他、地鉈長根、ワタガ長根、黒根など最近全然人の乗らない磯があらます。余裕があれば行ってみたいですね。夕マヅメまでやらせてもらえたら楽しそう!

南側全体、ウネリに弱いので船長と良く相談してください。

モウヤ、ハタカ根は冬場の大西でも波裏にあたるので乗れることがありますが、風は吹き曝すので竿が立たない、人も立ってられない状況になることがあります(ハタカの表の船着けは平気ですが二人しかできない)。
スポンサーサイト

<< 式根島の磯案内(西側編) | ホーム | ポイント公開について >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。