プロフィール

すぎちゃん

Author:すぎちゃん
性別…♂
年齢…イケてるおっさん
生息地…基本北浦和、連休中は間違いなく式根島
座右の銘…安全かつハイレベル、ローリスクハイリターン、他力本願、先酒後麺
釣り歴…2歳かららしい
式根島歴…7歳からだったかな
目標…いい加減式根の磯で尾長60センチ、あ、あと○ね…(笑)

式根島、海、釣り、菊水旅館と愉快な面々、そして浦島丸と飲兵衛船長が大好きなのだ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八丈島、アウェイの戦い

菊水のお客様、AさんTさんSさんとアウェイの地、八丈島へ乗り込み戦いを挑むことになったのは昨年の秋。
アウェイ戦の為の準備を各自進めていたのである…。


アウェイ初戦

八丈に着くと、たろうに紹介してもらった宿、パパズインのパパさんが迎えに来てくれていた。
「よろしくお願いしま~す」
その瞬間、アウェイの雰囲気がなくなってしまった…。
有名な人なのに超いいおじさん。
僕が「この人いいな!」と思う釣り名人には共通して言えることがある。「釣り超大好きな普通の(ちょっと子供っぽい)おじさん」なのだ。
池ちゃんとこ(バスメイト)の社長○んぞうさんにも似ている部分があって、釣りの話をする時に目が輝いてしまってるんだよね~…。
いや、ここがアウェイであることを忘れてはならない!
早速八丈島サポーターからのブーイングがきた!水試勤務のこまちゃんだ!
こまちゃん…「あ、来たの。釣れないよ!」
俺…「…」
こまちゃん…「黒潮直撃し始めた。」
やっぱりアウェイだ(。・ω・。)
とりあえずパパさんがヨノモウって磯に案内してくれた。

海青っ!
さすが八丈、いきなり自己記録更新しそうになりました。
オキナメジナ…。
タモですくうか迷ってたら外れたw
Tさんが40ちょっとの尾長を釣った…以外は…俺はダツ!Aさんはつばめうお!Sさんは爬虫類!と、なかなか八丈らしい釣果でしたとさ(。・ω・。)

夜、役場そばの中華屋さんへ行った。
水試勤務(サボってばかりだが)のこまちゃんおすすめのお店。
まじうまかった!名前忘れたけど皆さんにもおすすめします!


アウェイ二戦目

朝から八丈小島の横瀬へ。

絶景なり絶景なり!
今日は八丈らしい熱帯魚釣ろっと。
…簡単に釣れた…

あとナメモンガラも釣れたよ…。
Aさんが竿を根元から曲げている。全く止まらない。
Aさん…「サメかカメ」
冷めてるなぁ、もうw
けっしてヒラマサとか言わないとこが島慣れしとります、はい。あ
実際、3メートル位のサメを連発してましたwww
八丈のサメはササヨにも食いつくんだねぇ………。
Tさんがまた40くらいの尾長釣ってた。


アウェイ三戦目

朝から石積という磯へ。

1、「カンムリワシ」…東南アジアから八重山諸島に生息するカッコいい鷲。 
2、「カンムリワシ」…日本ボクシング界のスーパースター、具志堅用高さんの異名。世界挑戦一戦目、ファン ホセ グスマン戦でのKO勝利後、「わし、カンムリワシになりたい」と答え、それ以降「カンムリワシ」の異名がついた。はっきり言って具志堅超カッコいい!
3、カ…?カンムリ…?ん~…ん~…


カンムリベラっ!
顔はひょっとこ、ブラジル代表ロナウジーニョに似ていることから「ロナ」「ロナさん」と呼ばれることも。前歯が二本飛び出していてもう笑いが止まらない…。
写真撮ってリリースするときに、その前歯二本折れちゃってた…。歯医者でも行って治してきてね…。


パパズのパパさんママさん、いろいろありがとうございました(・_・)(._.)
また必ずチャレンジします!
カンムリベラに!

2016年、あけまして式根島

当ブログは閉鎖しました…

うそぴょん。

下のほうにガイドあり。

12月30日の本船に乗り込み行ってきました~。
さる(さるびあ丸)のレストランへ直行、弟子イサオと一杯やる。



やりすぎた…

式根に着くと浦島のおじちゃんが
「ガラガラだぞ~」
とマイクで言ってきた。
渡船決定~。


条件は~、水温低下気味の明るい潮。
あまり良くないけど安定はしてるので潮効きゃ釣れるかな~って感じ。


イサオのリクエストでタイブサ東に。
ここは満潮前後から下げ始めにかけて釣りやすい潮が流れる場所。ちょうどいい。
さらに!
さらにさらに!
腰をかけながら釣りできる一級磯w
とりあえず下げ始めに40ちょいを釣り、おっ!っと思わせるも…
池になっちゃいました…
これは!
「食わせても秒殺釣法」だっ!
ハリスを2.5号に落とし待つと食いました!
「ぷつん」
さすが食わせても秒殺釣法!40位の尾長でも切れます!
その後も数回かけましたが秒殺されましたwww
よい子の皆さんは真似しないでね!


翌日も浦島丸ででかけます。
富久丸は早島方面へ走ってる。なかなか海晃は出てこないにゃ。
フライング気味にハタカへ乗る。
韓国からのお客さんCさんを三宅向かいへ、イサオは座りたいからとシルバーシート、自分は新島向かいへ。
ハタカの新島向かいは自分の表札かけたいくらい解りきってる場所。
ただし、足場が高くおっかない。つまづいたり風でよろめいたりしたらヤバい。
よい子のみんなは座りこむように磯側に体重かけながら竿をだすようにしてね。取り込みはチャカ着け場まで10メートルくらい歩いてタモ入れしなきゃです。

あらら、新島向かいでは鉄板の潮が効いてるじゃん。
パタパタイサキと45位の尾長を二枚釣り空振り無しの12連チャン、そして潮が一番強くなった今日一番の13投目にドラマが起きた!
100メートルほど先でアタった。
首を振らない踏ん張る系の引き!
「まさかねぇ」
一人つぶやく…
「いや、ほんとかも」
釣り上げた後に手足を震わせる準備を万全にする…
どう考えても4キロ位ありそう…
首は全く振らない…マダイ否定。
首ふらないし流れの中の沖で食う…少しだけササヨ否定。
踏ん張り系の引き…かなり本命肯定。
左の根にズリズリされながらもようやくウキが見えた!
妄想する…「イサオに見せびらかして、八丈にいるタロウにメールで自慢して…」
見えたっ!

怒りで手足が震えたよ…

「切れろ~っ!」

切れなかった…

なかったことにする。

イサオとCさんを磯替してから昼にがり、おじちゃんと氷結で一杯やる。

夕方、下田船で来たカズヤ君とカメンコ行ってデブ口太釣って終了~。


三日目は西が強く、自分はのんびりすることにして、イサオとCさんをサイマ、カズヤ君と○久丸乗り遅れてあぜりあで来たお客さんをモウヤに乗せて戻る。
カズヤ君が40~45位の三枚釣ってきた!上出来上出来。
自分はゆっくりと「サラシあるかなぁ」とカメンコ行き、三投して帰って氷結。
弁当届けて桟橋へ。南東ウネリに西の潮がぶつかり合い、桟橋先端に波があがり、十投して逃げ帰り二回目の氷結タイム。
渡船の迎えを手伝って夕方、もっかい桟橋行ってなんとか45センチ位の釣って終了~。


最終日はみんなで桟橋へ。
カズヤ君が45センチ位、イサオがうまそうなデブ口太釣って、僕はボーズ。


飲んで騒いで釣って楽しいお正月でした。


本年も菊水旅館と浦島丸、当ブログをよろしくお願いします(・_・)(._.)


ちなみに14日から八丈行ってきます~。




種明かし。
ハタカの新島向かい。一日に何回か食うタイミングがあります。
写真先に見えるモウヤに向かって強く流れる瞬間、たまにくる大きなウネリでサラシが長く伸びた瞬間、あとはヘチをネチネチしながら潮筋にちょっとした変化を探し投入。
式根の尾長釣りは潮のタイミングです、はい。そのタイミングでしっかりと流すことですね、太仕掛けで。
ちなみに一番下の写真はチャカ着け場(タモ入れ場)。ここから流してもいいけど、潮が地に突っ込むと流せません。

埼玉県立浦和西高校文芸部釣り大会開催

10月4日、今秋最高の秋晴れの下、浦和西高校文芸部釣り大会をやってきました。
注)浦和西高校文芸部とは…浦和西高校通称プール下部室の空き部屋を部員のみが鍵を持つ南京錠とすげ替え、周りのうら若き清純な高校生よりタバコの臭いが酷いとのクレームを受けながら、日本が誇る文芸書を読み漁り(主に少年ジャンプやデラックスベッピン等)、さらには学校側が仕掛けてくる新たな南京錠との戦いに明け暮れる重症の中二病患者の集まりである。

前置きなげ~よw

利用したのは佐島海楽園さん。感じの良い船宿さんでした。

美人アングラーY嬢も参加!


もちろんエスコート役の可愛い二人も!


朝から1キロちょいのイナダ祭り!
小学生でも釣れるんだ!


と、まあなかなか楽しい休日でした。


みんなクーラー満タン!

帰ったら奥様方が呆れ顔になるのが想像つくくらいのオミヤゲ確保でしたとさ!

ちなみに私は…自分の指を釣りました!
久々にぶっさりと!
思い切り引っこ抜いたらハリに自分の肉片がついててびっくりw
骨折したがのごとく痛いのでした…(>_<)

下記ページ釣果情報の下のほうに写真でてるよ~!

http://www1a.biglobe.ne.jp/sajima-kairakuen/

http://blog.livedoor.jp/sajimakairakuen/archives/1041803246.html

2015年、秋始まった式根島~

日本全国5名で安定しちゃった読者の皆さん、なんと更新です!

帰りのジェットの中で書き込んでます。
自分のスマホは2011年製、「この端末は対応してません」的なメッセージと格闘しながらやってますw

さて、まずは船釣りのお手伝いからです。
9名のお客さんでした。
ほとんどの方が初心者でしたが、そこは初心者に優しい浦島丸、楽しんでもらおうと船を走らせます!

台風のうねりも残り、船酔いされてしまった方もいましたが、イサキがボチボチ釣れ続きました。
マダイ釣らせたかったけど残念(>o<)
プロの料理人の方がいらして、揺れる船中でお刺身にしてました。
お刺身食べたら皆さん船酔いから覚めたのか最後まで頑張りました。
最後のほうは女性の方が竿二本操って粘りましたがマダイの顔は拝めず…(>o<)手際良く釣りされてたので来年は釣れますよ!
ありがとうございました(・_・)(._.)またお待ちしています。

港に戻り浦島のおじちゃんとはる君とアオ釣りです。

カンパチ釣りの活き餌にするのに釣っては浦島丸の生け簀へ運び…はるが釣って自分が魚を外しおじちゃんが船へ運ぶの繰り返し。
お客さんのY夫妻にも手伝ってもらいました(しかし翌朝、カンパチ釣れずw)。

翌朝、9年ぶりくらいにいらしたSさんとおばちゃんのお墓へ。
Sさん号泣(>o<)(>o<)(>o<)


ところで菊水Tシャツが出来てました。
お客さんが作ってくれたようです。




モデルがくうちゃんだったカッコ良く見えますが、中年男達が着るとwww

翌日は渡船のお客さんに弁当届けた後、少しカンパチ狙いでアオを泳がせてみました。


……
………
サメすら食わない…
無かったことにしますw

で港に戻ってまたはる君とアオ釣り!


子供ってなかなか止めないのねw
自分のガキの頃もそうだったのかな…。

~Yさんが送ってくれた今回のベストショット~
「爺と家来をこき使ってアオ釣りに励む菊水の若殿様」



今年の夏は浜で飲むことが出来なかった(。・ω・。)
来年はこの景色の下酒を飲もう。





ちょっと良いことあって楽しい秋休みでしたとさ!



また来月~w

夏の式根島の釣り

桟橋でフエフキ釣り!
ぶっ込み釣りです、はい。
最初の突っ込み、途中の首振りながらの突っ込み、少しヒラマサっぽくて楽しいです。
体力が無いのか最期のほうはすんなりですが、きたら最低2キロオーバー、手軽な大物な感じ。
味のほうは賛否両論、西の方々は食べるけど式根では食べない、かな。
体力の無さからか、リリースしても腹を上にしてプカプカ流れてってしまうことが多いので責任とってあげましょう。
フライにしてタルタルソースかけてたべるかなぁ、我が家は(最近持って帰りませんが)。
ポイントは…どこでもいいんですが、できたら砂地を探してぶっ込みましょう。
根の多いとこだとウツボや甲殻類が邪魔です。
かといって砂地でも海藻の中に入っちゃうとダメだけど…。
あ、あとエイが掛かると大変かも…。
置き竿にするときは尻手ロープを忘れずに~!
かかった瞬間突っ走るので竿がもってかれてしまいます。
よく、「根に入られた」という人がいますが、根に入る訳ではなく、根に沿って走るので糸が引っかかって動かなくなる感じ。
食った瞬間に根際走られちゃうので根ズレして切れちゃいます。
僕は5キロ弱までしか釣ってないのでなんとも言えませんが、7、8キロ級かけてるの見るとめちゃくちゃ楽しそうっす!

仕掛けは普通の捨てオモリ式のぶっ込み仕掛け。
専門の方達は石鯛竿や投げ竿に8号以上の道糸、ハリスも同等以上です。
無い方は3号クラスの磯竿でも。
道糸は根ズレさえなければ細くても平気なんですが、ぶっ込みだとどうしても根ズレするのでできるだけ太めがよいかと。
ハリもヒラマサ15号とか大きな餌つけられるハリで。
餌は切り身だと餌盗りにやられちゃうので小アジ一匹がけとかサンマ一匹がけとかでやるかなぁ。
専門の方達はユムシとかイカとか餌盗りに強い素敵な餌使ってますね。
あ、何故かムツの子を餌にすると凄い釣れます。

昼は海水浴、夜は…ぶっ込む!
夏の夜遊びにいかがでしょ(^^)

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。